ケーブルライン

オプション

① 番号表示有料

かけてきた相手の電話番号が電話機のディスプレイに表示されます

② 番号通知リクエスト有料

非通知で電話をかけてきた相手に、電話番号を通知してかけ直すよう音声メッセージが流れます

③ キャッチ電話有料

通話中に他の人から電話がかかってきた際、割り込み音でお知らせします

④ 着信お断り有料

迷惑電話を受けた直後、お客さまに操作を行なっていただくことにより、以後同じ電話番号からかかってきた場合に着信を規制します

⑤ 着信転送有料

かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送します

※ 番号表示サービスは発信者番号表示対応機器が必要です。

※表記の金額は全て税抜き価格です。消費税分は別途清算させていただきます。

 

ご注意事項

①番号表示
  • 本サービスのご提供日までにサービス対応の通信機器にお取り替えの上、サービス相当の機能を利用する設定にしてください。
  • サービス対応の通信機器の設置とその設定がされていない場合、電話番号が表示されなかったり、通話ができない場合があります。
  • 本サービスに対応していない通信機器を接続した場合は、短い断続した呼出音の後に通常の呼出音が聞こえますので、通常の呼出音に変わってから電話に出るようにしてください。通常の呼出音に変わるまでに数秒かかります。
  • 本サービスを利用している電話回線に、サービス対応の通信機器と対応していない自動応答端末(留守番電話機器やFAXなど)を同時に接続すると、接続方法によっては、電話番号の表示ができなかったり、途中で電話が切断される場合があります。
  • 通信機器の接続形態や機種により正常に作動しない場合があります。詳しくは各メーカーまたは、販売店にお問い合わせください。
  • キャッチ電話サービスと併用した場合、通話中に着信した番号は表示されません。着信した電話に出る前に最初の電話を切っても同様に表示されません。
②番号通知リクエスト
  • 番号通知リクエストサービスのご利用には、番号表示サービスへのお申し込みが必要です。
  • 着信転送サービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • キャッチ電話サービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 番号通知サービスのカスタマコントロールはスティミラスプロトコルには対応していません。
  • ご契約回線から、サービスの開始・停止を行います。(通話料金はかかりません。)

「148」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作をしてください。
⇒「1」番号通知リクエストのサービスを開始します。
⇒「0」番号通知リクエストのサービスを停止します。 
※全てDTMF(PB)信号にて行ないます。

③キャッチ電話
  • 番号表示サービスと併用した場合、通話中にかかってきた電話番号は表示されません。
  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、迷惑電話として登録された電話番号からの着信は、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。

※ フックボタンを長く押しすぎると、通話が切れることがあります。

④着信お断り
  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信転送サービスと併用した場合、転送通話は迷惑電話として登録出来ません。
     また、番号登録されている相手からの着信時の転送は行いません。
  • 着信お断りサービスにより着信拒否された通話のキャッチ電話サービス着信は行われません。
  • キャッチ電話サービスと併せてご利用の場合、最後に着信し通話状態となった通話が登録対象となります。
     最後に着信しても通話状態にならなかった通話は登録対象となりません。
⑤着信転送
  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、転送される通話は迷惑電話として登録出来ません。また、番号登録されている相手からの着信時は転送を行いません。
  • 電話をかける方(発信者)が番号通知を行って(転送元へ)発信し、転送先が番号表示可能な電話機をご利用の場合、転送先で表示される電話番号は発信者の番号となります。
  • 着信転送サービスでは以下の機能はサポートしていません。
    ・転送方式     ・転送トーキ 
    ・無応答時転送   ・転送元案内
    ・応答後転送    ・転送元番号常時通知
    ・話中時転送    ・転送元電話番号受信サービス
  • 着信転送サービスのカスタマコントロールはスティミラスプロトコルには対応していません。全てDTMF(PB)信号にて行ないます。

※ NTT東日本・NTT西日本の「INSボイスワープ」ではスティミラスプロトコルを使用しています。
着信転送時の通話料金は発信者-転送元間では発信者に、転送元-転送先間では転送元である着信転送サービスご契約者にそれぞれ課金されます。