秋田名窯逸品作、須恵沢窯、不衒窯 、吉左衛門 稲庭饂飩の通信販売なら
 
 
 
卓越技能者(現代の名工)・齋藤國男さん

卓越技能者(現代の名工)・齋藤國男さん

大切に使っていた器なのにヒビが入ったり、欠けたり、ということはありませんか。
思い出があるものでも、諦めるしかない…
そんな器を美しく修理してくれるのが「金継ぎ」です。「金継ぎ」は、日本の伝統的な器の修復方法。
職人さんの手によってよみがえった器はこれまで以上に愛着がわくような気がします。

 
 
「金継ぎ」とは?
 漆芸の世界に入って58年になる卓越技能者(現代の名工)・齋藤國男さんにお話を伺いました。「壊れてしまった器を、完全に元に戻すことは不可能ですが、壊れてしまったことを惜しみながらも受け入れ、あえて傷を『景色』としてとらえ、金や銀で修復することで傷を楽しみ、新しい美しさ・出会いを生み出すという技法が金継ぎです。修理することで、元の器とは違った『風情』や『味わい』が出てきますよ」と齊藤さん。
 
 
「金継ぎ」できる素材は?かかる期間は?
・ヒビが入った、欠けたり割れた陶器・磁器、和テイストのものだけでなく、洋食器も金継ぎを施すことができます。
・ご依頼の際は、欠けた・割れた破片をなるべく全部そろえた状態でお持ちください。(ある程度の欠けは、破片が無くても対応可能です)
・仕上がりまでの期間は、1カ月から。(漆が完全に乾くまでの期間によって変わります)
・生地が薄いものの耐久性は完全には元に戻らないこともあります。
・受け付けは月に1度です。毎月第4週目に行っております。(詳しくは、さかいだホームページか店頭にてご確認ください)