秋田名窯逸品作、須恵沢窯、不衒窯 、吉左衛門 稲庭饂飩の通信販売なら
 

「ひとつひとつ、ひと筆ひと筆に思いを込めて」。蒔絵師が秋田の風物詩を磨きあげました。
お酒を注ぐと光を集め、輝くグラスの底の秋田の四季が鮮やかに姿を現します。
蒔絵とガラスが織りなす、輝きのひとときを楽しみください。
伝統をつなぎ技を磨き続ける川連蒔絵
およそ100年前から漆器作りが行われていた、秋田県川連。江戸時代には蒔絵などの技法を習熟し洗練を重ねてきました。
その技は現代に受け継がれ、蒔絵師それぞれが独創的な作品を生み出しています。

秋田への想い

川連漆器とガラス。連漆塗 蒔絵師として活躍中の若手作家加藤尚人氏が
秋田をモチーフに、ガラスに漆を施しました。
木の風合いとは違う漆の新鮮な魅力を
皆様にお届けいたします。

 

蒔絵工房五兵衛

加藤尚人

 

1984年 秋田県湯沢市川連町生まれ
2003年 現代の名工 加藤五兵衛に弟子入り
2006年 第48回秋田県美術展覧会 特賞
2007年 第49回秋田県美術展覧会 奨励賞
2008年 第50回秋田県美術展覧会 特賞
2009年 第1回秋田工芸展 秋田県知事賞
2010年 第2回秋田工芸展 秋田市長賞
2011年 第3回秋田工芸展 工芸大賞

佐完漆器店

佐藤 渉

 

父(完治)の制作した花活けや漆器、仏壇などにも蒔絵を施す。
近年はガラスへの蒔絵を実現、内側からも美しい模様が見えるグラスなどを制作。


ぐい呑・ロックグラス

 

 
秋田川連蒔絵
ロックグラス 花火 ¥4,200(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
ロックグラス 桜 ¥4,200(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
ロックグラス 竿灯 ¥4,000(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
ショットグラス
リーフライン 赤
¥3,500(杉箱入)
ショットグラス
リーフライン 青
¥3,500(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
オールドグラス 華輪 各¥3,000(杉箱入)

秋田竿灯祭り

 

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事。
ねぶり流しは、五穀豊穣や技芸上達を願って翌7月7日に行われる七夕とともに、陰暦7月15日のお盆を迎えるための一連の行事でもあり、厄よけ、みそぎ、五穀豊穣などを願う現在の竿燈の形が除々にできあがっていった。


秋田竿灯まつり 町紋ぐい呑

 

各¥3,000(木箱入)
※ご注文から2ヶ月程度のお時間を頂きます。

左上段より
駅東 向馬口労町
茨島 川口 上亀之町
四十間堀町 川口境
川尻本町 牛島

 
左上段より
駅東 向馬口労町
茨島 川口 上亀之町
四十間堀町 川口境
川尻本町 牛島

左上段より
城町 下米町二丁目
上米町一丁目 
上米町二丁目
下米町一丁目
毘沙門町
保戸野鉄砲町 柳町
新川向南町

 
左上段より
城町 下米町二丁目
上米町一丁目 
上米町二丁目
下米町一丁目
毘沙門町
保戸野鉄砲町 柳町
新川向南町

左上段より
下鍛冶町 馬口労町
室町 泉一の坪
上鍛冶町 新屋
西馬口労町 寺町二区
共和町

 
左上段より
下鍛冶町 馬口労町
室町 泉一の坪
上鍛冶町 新屋
西馬口労町 寺町二区
共和町

左上段より
鐵砲町 下肴町
本町六丁目 南通り
寺町四区 勝平
本町五丁目 八日町
川反五丁目

 
左上段より
鐵砲町 下肴町
本町六丁目 南通り
寺町四区 勝平
本町五丁目 八日町
川反五丁目

左下 豊島町
右上 登町

 
左下 豊島町
右上 登町

大曲の花火

 

「大曲の花火」の歴史は古く、江戸時代のころまでさかのぼるとされている。
諏訪神社の祭典とのかかわりが深い奉納花火や余興花火が、明治43年(1910年)には「第1回奥羽六県煙火共進会」として開催された。これが全国花火競技大会のはじまり。
 
伝統と格式を持つ大曲の花火は、全国えりすぐりの花火師たちが最新の花火を持ち寄り、競い合い、また70万人を超える観客を集める日本有数の大イベントとなった。

 
秋田川連蒔絵 
ガラスぐい呑
月見兎
¥1,800(杉箱入)
その他4柄
各¥2,000(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
ガラスぐい呑

秋田の四季揃 ¥10,000(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
ショットグラス

秋田の祭りペア ¥5,000(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
ガラスぐい吞

秋田の四季 ペア ¥4,000(杉箱入)
 
秋田川連蒔絵
干支ぐい吞 十二支
各 ¥2,500(杉箱入)

横手の雪まつり かまくら

 

「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事。
 
中には子供たちが入っていて、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒やおもちをふるまいます。
 
もともと、「かまくら」は見るものでなく、中に入って、正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願するものです。