東 京 象 景 十 句

 

《 新仮名表記にしています。》

 

y 向 井 未 来

 

 

淡雪に銀座の野猫ひげ濡らす

 

 

蔵前にふどし干しあり春埃

 

 

小走りに梅雨の渋谷や石畳

 

 

香水の乗り替ったる御茶ノ水

 

 

賑いを見せて極暑の晴海かな

 

 

狐火の湯島を過ぐるあたりより

 

 

日向ぼこ施て新宿南口

 

 

アメ横の昔日戻る師走かな

 

 

初荷など前を環八通りかな

 

 

終電や三日月冴ゆる水天宮

 

 

    連作俳句は、内容あるいは主題が重なる複数の句で構成される一連の作品で、昭和6年ころから水原秋桜子によっ

 

て唱道され、10年ほどの間おおいに流行した。昭和9年発表された日野草城の「ミヤコホテル」十句が有名である。

 

 

 

          Home Page

 

 

 

 

 

・・・東京都・国立西洋美術館・ロダンの「カレーの市民」・・・