奥の細道(文中句)

 

〔注:読みやすいように10句ずつ分けて掲載しておりますが、

特別な意図はありません。

番号は詠まれた順番で、便宜上の指針にすぎません。

括弧内は句が詠まれたとされる場所です。〕

01. 草の戸も住み替はる代ぞ雛の家       (深川)
02. 行く春や鳥啼き魚の目は泪         (千住)
03. あらたふと青葉若葉の日の光       (日光)
      剃り捨てて黒髪山に更衣              曽良(日光=黒髪山)
04. 暫時(しばらく)は滝に籠るや夏(げ)の初め  (日光=黒髪山)
      かさねとは八重撫子の名なるべし      曽良(那須)
05. 夏山に足駄を拝む首途(かどで)かな      (那須=黒羽)
06. 木啄(きつつき)も庵(いお)はやぶらず夏山木立 (那須=雲岸寺)
07. 野を横に馬牽(ひ)きむけよほととぎす  (那須=湯本=殺生石)
08. 田一枚植ゑて立ち去る柳かな         (那須=蘆野の里)
      卯の花をかざしに関の晴れ着かな      曽良(白河の関)
09. 風流の初めやおくの田植歌           (須賀川)
10. 世の人の見付けぬ花や軒の栗         (須賀川)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


岩手県平泉・中尊寺境内の芭蕉像

                

 

11. 早苗取る手もとや昔しのぶ摺り       (福島=忍ぶの里)
12. 笈(おい)も太刀も五月にかざれ紙幟(かみのぼり) (佐藤庄司が旧跡)
13. 笠島はいづこ五月のぬかり道         (笠島)
14. 桜より松は二木を三月越し           (岩沼=武隈の松)
15. あやめ草足に結ばん草鞋(わらじ)の緒    (仙台)
        松島や鶴に身をかれほととぎす       曽良(松島)
16. 夏草やつはものどもが夢の跡         (平泉)
        卯の花に兼房みゆる白毛(しらが)        曽良(平泉)
17. 五月雨の降りのこしてや光堂         (平泉)
18. 蚤虱馬の尿(しと)する枕もと           (尿前の関)
19. 涼しさをわが宿にしてねまるなり     (尾花沢)
20. 這ひ出でよ飼屋(かいや)が下のひきの声  (尾花沢)
21. 眉掃きを俤(おもかげ)にして紅粉(べに)の花 (尾花沢)
蚕飼ひする人は古代の姿かな      曽良(尾花沢)
22. 閑かさや岩にしみ入る蝉の声         (立石寺)
23. 五月雨を集めて早し最上川           (最上川)
24. ありがたや雪をかをらす南谷         (出羽三山)
25. 涼しさやほの三日月の羽黒山         (出羽三山)
26. 雲の峰いくつ崩れて月の山           (出羽三山)
27. 語られぬ湯殿にぬらす袂かな         (出羽三山)
       湯殿山銭ふむ道の涙かな              曽良(出羽三山)
28. あつみ山や吹浦(ふくうら)かけて夕すずみ (酒田)
29. 暑き日を海に入れたり最上川         (酒田)
30. 象潟や雨に西施がねぶの花           (象潟)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋田県にかほ市象潟町・蚶満寺境内の芭蕉像

                                   

 

31. 潮越や鶴はぎぬれて海涼し           (象潟)
       象潟や料理何くふ神祭                曽良(象潟)
       蜑(あま)の家(や)や戸板を敷きて夕涼み 低耳(象潟)
       波こえぬ契りありてやみさごの巣      曽良(象潟)
32. 文月や六日も常の夜には似ず         (越後路)
33. 荒海や佐渡によこたふ天河(あまのがわ) (越後路)
34. 一家(ひとつや)に遊女もねたり萩と月    (市振の関)
35. 早稲の香や分け入る右は有磯海(ありそうみ) (黒部)
36. 塚も動けわが泣く声は秋の風         (金沢)
37. 秋涼し手ごとにむけや瓜茄子(なすび)    (金沢)
38. あかあかと日はつれなくも秋の風     (金沢)
39. しをらしき名や小松吹く萩すすき     (金沢)
40. むざんやな甲の下のきりぎりす       (小松=多太神社)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


象潟町・蚶満寺境内の西施像

                    

 

41. 石山の石より白し秋の風             (那谷)
42. 山中や菊は手折らぬ湯の匂ひ         (山中)
       行き行きてたふれ伏すとも萩の原      曽良(山中)
43. 今日よりや書きつけ消さん笠の露     (山中)
44. よもすがら秋風聞くや裏の山         (加賀=全昌寺(ぜんしょうじ))
45. 庭掃いて出でばや寺に散る柳         (加賀=全昌寺)
   〔よもすがら嵐に波をはこばせて月をたれたる潮越(しおごし)の松    西行〕
46. 物書いて扇引きさくなごりかな       (潮越の松)
47. 月清し遊行のもてる砂の上           (敦賀)
48. 名月や北国日和(ほっこくびより)定めなき (敦賀)
49. 寂しさや須磨にかちたる浜の秋       (種の浜)
50. 浪の間や小貝にまじる萩の塵         (種の浜)
51. 蛤のふたみに別れ行く秋ぞ           (大垣)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


蚶満寺境内・西行法師の歌桜

                               

 

 

           Home Page