日本語の語順と俳句の切れ(上)
 

 


by 向井未来

 

言葉は、太古から現代までの間に地球上に現れたたくさんの生物群の中にあって、

 

人類にだけ発達したと言われます。現生人類とよく比較されるのはネアンデルタール

 

人で、ネアンデルタール人は確実なところ、三万年前まではクロマニヨン人と共存し

 

ていたとされています。しかし、ネアンデルタール人はじつは、言葉があまり得意で

 

なかったために、クロマニヨン人にとって代わられてしまった、との説が有力なのだ

 

そうです。

 

クロマニヨン人の子孫たちはその後、ますます言葉を上手に使いこなすように進化

 

しました。しかしながらネアンデルタール人は、なにが原因だったのかは分かりませ

 

んけれども、言語機能をうまく発達させることができなかったようなのです。

 

クロマニヨン人と同じ系統に属する現生人類は、アフリカに現れたたった一人の

 

から生まれたことになるのだそうです。そうしますと現在の世界中の人々は、み

 

な共通の祖先をもっていることになりますが、それが国ごとに、あるいは民族ごとに、

 

ことごとく言葉がちがうのですから、これはなんとも不思議なことです。互いにこれ

 

ほどまで異なった言葉をもっている現実をみますと、やはり人類がバベルの塔を築こ

 

うとしたための、神さまの罰なのでしょうか。

 

 

日本語を考えました場合、日本語と多くの外国語との何よりも大きな違いは語順で

 

す。十三億もの人たちが使う中国語も、音声言語ということでは、これが同じ国の言

 

葉かと疑うほど、互いに通じ合わない幾種類かに分かれるのだそうですが、漢字とい

 

う中国語共通の表記様式で見るかぎり、日本語とは反対の語順です。あの漢文を習っ

 

たころを思い出してみましょう。返り点なんかをつけて、一部逆行したりして読まな

 

ければなりませんでした。

 

多くの外国語と反対の語順をもつ言葉は、日本語のほかには、韓国語(北朝鮮も同

 

           じ)、トルコ語、それにラテン語などが知られています。さらには、一時期の英語な

 

           どもそうだったということです。

 

日本人側から見れば、中国人やヨーロッパ人の話す言葉は、反対の語順をもってい

 

ることになります。けれども、いかんせん逆さまの語順をもつ言葉は、全世界的には

 

多勢に無勢、少数派(自然言語の種類数ではなく使用人口で)になってしまうわけで

 

す。

 

ところがです。現生人類は、言葉が上手になる遺伝子をもった、ただ一人の母を祖

 

先としているのですから、各国、各民族が、てんでんバラバラになに語を話していよ

 

うとも、世界中の人々の言語能力というものは、まったく同等だということができる

 

でしょう。バベルの塔建立の企てに激怒した神さまも、ちがった出自の人々の間では

 

話が通じないようにしたのでしたが、現生人類から言語能力までは奪ってしまわなか

 

ったようなのです。

 

 

さて、俳句でいう切れとは俳句独特のルールで、同じ十七音の文芸である川柳

 

との区別に、切れの有無を主張する論もあります。

 

代表的な《や》という切れ字は、十七音という短い文章の中では、効果がたいへん

 

目立つことになります。それは、倒置法という文芸上の技法ともちがっています。

 

閑さや岩にしみ入る蝉の声      松尾芭蕉

 

たとえば、この芭蕉の句を、五七五のリズムや十七音にこだわらない散文に書き改

 

           めますと、「蝉の声が岩にしみ込むほどの静けさである」となりましょうか。

 

日本語では散文にしますと、どうしても一番強調したい結論の語句である「静かさ」

 

が最後にきて、蝉の声を主語にしたほうが都合がよくなってしまいます。

 

それが俳句では、最も強調したい「静かさ」を冒頭にもってくることができます。

 

《や》という切れ字で、上句と中下句のフレーズとをきっちり分断し、一番強調した

 

い語句を文の最初にもってくるのです。

 

            もっとも一句一章の句では、かな》《けりのように文末に置かれ、語句やフレ

 

           ーズを強調するのに用いられる切れ字もあります。それは、普通の日本語のように結

 

論が後に置かれる、日本語の根源的文法に沿った叙述の文ということになります。

 

一句一章の句のように、日本語の基本文法にのっとった文ならば、まるで「黄金を

 

           打ち延ばしたるごとく」に、途切れ目がありません。たしかに、結論を最後に据える

 

言葉なり文章なりは、日本人の肌には一番なじみやすいので、俳句でもそのように出

 

来上がっているのが最良の句だといわれる所以でしょう。

 

しかし日本人は、《や》を用いる俳句のように語順が転倒している文章も、たやす

 

           く理解することができるのです。

 

 

もう一句、別の例を挙げます。

 

目には青葉山ほととぎす初鰹     山口素堂

 

            この句、上句にはにはという助詞が入っていますが、あとは助詞がありません。

 

普通の作り方ならば、二句一章ということで上句と中句以下とを切ったときは、中句

 

と下句の間は切らずに、一つのフレーズとしてまとめます。

 

素堂のこの句は、中句では「山には」のにはが省略され、下句では「山」やには

 

にあたる語はもちろんのこと、いっさいの関連語句も略されていて、ただ初鰹と提示

 

されているだけです。中句下句と順を追って省略が強まっていくような、そんな技巧

 

           が凝らされています。

 

その結果、中句では「耳には」の耳といいますか、「ほととぎすが鳴く」の鳴くと

 

           いいますか、それらが省略され、下句では「口には(食すには)」の口が省略されて

 

いる句だと、そのような解釈が可能になるわけです。強調したい事項三つを同等にな

 

るように記述し、並列手法といいましょうか、そんな技法で初夏の感動が詠いあげら

 

れています。

 

このように、上句中句下句とも体言でとめ、てにをは(助詞)》などで連絡をも

 

           たせていないため、それぞれのフレーズが切れていて、文章としてはつながらない。

 

しかしそれでも、短文とはいえ意味が理解できますことは、これはまた不思議なこ

 

          とです。このような現実は、単に俳句特有のルールに、俳人や読者が慣れてしまった

 

からなのでしょうか。

 

 

               戻る   日本語の語順と俳句の切れ(下)へ    Home Page