超念力 第二弾


これらは、石井普雄先生・著作の「最後の超念力 第二弾」より抜粋致しました。

今の私、これからの私
生きるということは一体何だろうか。
迷いやためらいが多くなればなるほど、その人生は暗くなる。
宇宙のエネルギーが地球に北極と南極を与えたように、明と暗、陽と陰、物事にはすべて両極がある。
暗を明に、陰を陽に、平等に与えられた幸福への力、いや神の力、つまり宇宙エネルギーによる、この私の力により、転化していくのである。
私はすべての人々に、私の命のある限り、力いっぱいの幸福を与え続けたいと、今もこれからも力強く願ってやまない。
私が皆さんに授けている八次元ハワーとは、何であろう。
すでに総論など本書の中で述べてきたように私は、これは宇宙創造の仕組みのエネルギーであると、それ以外に考えたことはない。
もともと宇宙の仕組みの中には、人間は幸福でなければならないという、厳然とした仕組みがある。
だから、神にしかできない数々の体験は事実の実証である。
超念力、超能力、あなたにもお分かりのように説明はできない。
事実としての、限りない実証があれば充分ではないか。
信じる、信じないというのは、もちろん人間の気ままであるが、一度私の講演と指導の会をのぞいてみてほしい。
発想即行動から、いよいよ強烈なる幸福への導き、宇宙エネルギーの実証を目撃して頂きたい。
戻る