ESP指導テープの応用
 
ESP指導テープの応用には基本的な次の2種類の方法がございます。

応用 その1.テープの音をヘッドホンか、イヤホンで聞く方法
身体の中にESPパワー(超念力)を充電するような気持ちになり、心身共に健康状態を保つように働きます。
テープを聞くことで、心の中の奥底に存在する心(神の心)が拡大されてきます。
こうなれば、宇宙の幸福の仕組みと交流しているのが身体で体得できるようになると思います。
テープを聞いている間は、なるべく考えないようにして、心の中を無にすることが大事です。
そうすれば、雑念が入ってこなくなり、気持ちが落ち着いてきます。
心身の浄化が日ごろのストレスの解消になるのです。
テープを聞く時間はあなたが聞こうと思う時間、3分と思えば3分間、10分と思えば10分間、聞いてください。
毎日、テープを必ず聞くようにしてください。
聞き続けることが大事です。
そうしないと、せっかくテープを聞いて開眼した心の力(超念力)が、また眠ってしまいます。

応用その 2.テープの音をスピーカーから流す方法
家の中の部屋(茶の間、寝室、子供部屋、応接室など)、あるいは事務所、店舗などあらゆる場所にラジカセなどを用いてスピーカーからテープの音を流すことによって、その場所にESPパワーを発生されることができます。
したがって、その場所に居る方も無意識にESPパワーを受けていることになり、心も明るく改善されるようになります。
皆さんの職場の中でテープを流すと、その職場の環境(人間関係)が変化して、明るい職場になると思います。
テープを流す時間は、あなたが聞こうと思う時間、3分と思えば3分間、10分と思えば10分間、流してください。
戻る